スクリーンショット 2020-10-06 17.07.51.png
南房総の記憶
​フォトコンテスト2020
​受賞作品一覧
アセット 1.png
アセット 2.png

多くのご応募、ありがとうございました。

厳正な審査の結果、入賞作品が決定しましたので

ここに発表いたします。

尚、入賞者の皆様には

今後の流れについてのメールを送付させて頂きますので

​ご確認下さい。

審査員

富浦プロジェクトメンバー

南房総市

​一般社団法人南房総市観光協会

​↑賞品など詳しくは概要をご覧下さい。↑

フォトコンテスト 参加者対象
オンライン授賞式 開催決定!

​最優秀賞

​1作品

IMG_9695.JPG

​「Lighthouse Fantasy」

kidskatsuya様

写真コメント

南房総の灯台といえば、まず思い浮かぶのが、

南端の野島埼。

また、東京湾の入り口を見守る洲崎。

これらの灯台はもちろん魅力的だが、

私は野島埼のすぐ東にある、この安房白浜港灯台が

好きである。

こじんまりと、かわいくたたずむこの灯台こそ、

厳しい外海とのつながりを感じさせる、

南房総の重要な魅力の一つだと考えている。

そんな灯台を主役にした写真が撮れないかと考えた。南房総のもう一つの魅力として、

太陽や月の昇り降りがよく見えるということがある。

出てきたばかりのお月様とこの灯台が共演したら…

そんなイメージをもって、

灯台の上に満月が乗るような場所を探し、

撮影に臨んだ。まるでけん玉の皿の上に

球が乗ったかのような、見事な光景に出会えた。

月の出灯台、まさに南房総の魅力が詰まった

1枚になったと自負している。

​優秀賞

​2作品

IMG_9696.JPG

​「海辺で感じる愛おしさ」

sayo様

写真コメント

週末、思い付きで行った南房総ドライブ。

裸足で思いっきり走り回るこどもたちの笑顔が

嬉しくてたまらなかった。

足跡さえもいつもより愛おしく見えて、

たくさん写真をのこした。

海を見ながら心も体もリラックスしていると、

こどもたちと過ごす時間が

もっとキラキラと鮮やかに見える。

南房総は、たくさんの幸せを感じられる場所。

IMG_9697.JPG

​「初めての海」

たけぞう。様

写真コメント

一歳になったばかりの息子と初めての帰省。
初めての海に、驚いたり興味津々で、たどたどしい

言葉でパパとお話ししていました。

​佳作

​5作品

IMG_9699.JPG

​「疲れがふっとんだ夕景」

もこすけ様

写真コメント

念願の房総旅! 予想以上にどこも良すぎて

予定が大幅に押し押しになったお陰で巡りあった景色。 夕景は西側の名所に見に行く予定で、

間に合わないけど行けるところまで行こうと

車を走らせていたらこんな素敵な夕景が

目に飛び込んできました!

東側でもこんな素晴らしい夕陽と海が見れるなんて。

しかも独り占め。

一人ゆっくり堪能できて

房総旅は最高な締めくくりになりました。

夕陽の名所になってほしいけど、

ちょっと秘密にしたいような景色でした。

ここは朝陽もきれいなはず。

今度は朝陽を見に行く予定です。

IMG_9700.JPG

​「さいごの夜」

あさこ様

写真コメント

1週間滞在した南房総市、さいごの夜

最終日はやっぱり、

大好きな海の近くで過ごしたい!と、

午後から白浜へ。

のんびり散歩したり水浴びをしているうちに夕陽になり、キラキラと海面に反射する日の光。

ぼんやり眺めていたら、

あっという間にあたりが暗くなっていった。

雲の合間から燃えるような夕焼けが漏れる。

最終日のあまりに美しい夕陽に、

「また来よう」と心に決めて帰路についた。

IMG_9702.JPG

​「星まで届け」

なかい様

写真コメント

この日は月がなく星がすごく輝いていたので、

偶然見つけた滑り台撮ってみました。

次の日に食べたお魚もおいしかったです。

また来ます。

IMG_9701.JPG

​「記憶を溶かす」

yoshiiii様

写真コメント

以前、木更津に住んでいた頃、

何度も遊びに行った南房総を20年ぶりに訪れました。

真冬でしたが南房総の柔らかい陽射しに包まれて、

懐かしく幸せなひと時を過ごせました。

写真はその際に立ち寄ったホテルの中庭、

午後から日が暮れ始める風景…心の中に懐かしの曲

『Hotel California』(EAGLES)が流れていました。

IMG_9698.JPG

​「帰りたくなる景色」

べい様

写真コメント

写真を撮るのが大好きで、

たまたま通った海岸でシャボン玉が見えた。

思わず立ち寄って見た景色は

失恋したばかりの私の心を照らしてくれた綺麗な夕陽、

可能性は無限大とばかりに無限に出てくるシャボン玉。

この光景は今でも私の宝物です。

地元の人からも他の県の人からも愛される

館山が好きです。

いつでも帰ってきたくなる素敵なところに

生まれてよかったと思っています。

​特別賞

​4作品

​〜観光協会長賞〜

763878647009.jpg

​「地球の記憶」

shige6d_6dmark2様

763984975259.jpeg

「のんびりまつのもいいわね♪」

かなくん様

写真コメント

 東京から実家のある富浦に行くと

必ず釣りに行きたくなる。

魚が来るのをじっと待ちながら 息子と一緒にのんびりと過ごす時間が とっても幸せ♡

​〜南房総市賞〜

763267621213.jpg

​「海のみえる家で過ごした1週間」

あさこ様

763304124554.jpg

​​「ENDLESS SUMMER」

あいすばらばら様

写真コメント

「南房総市に、おためし移住しませんか?」

そんな告知をみつけたのは夏のこと。

コロナでずっと在宅ワークが続いていて、

10年以上暮らした東京都23区から、

どこか海の近くに住めないかしら...

と婚約者と一緒にちょうど移住先を探していたときに

ばったり出会った移住キャンペーン。

その場で申し込み、

夏の終わりに1週間の滞在が決まった。

生まれも育ちも結構な都会の2人組で、

はじめての田舎暮らし。

さいしょは家の中に出てくるムカデや大きな蜘蛛に

大騒ぎしていたけれど、そんなのは一瞬のこと!

家の窓から見えるキラキラした海、

スーパー「ときわや」で毎日出会える新鮮な魚たち、

夜赤ちょうちんで飲みながらいろんな話をしてくれる

あたたかい地元の皆さんとの会話...

気づけばすっかり南房総市千倉の大ファンになっていた。

「コロナが落ち着いたあとも

在宅ワークが出来そうだったら、絶対ここに住もう!」 そんな話をしながら、

1週間お世話になった千倉の家の2階で、

2人で記念写真を撮った。

写真コメント

 ENDLESS SUMMER 🏖🍉👣

夏の思い出よ、消えないで。

​コメント賞

​コメント賞

​フォト賞

​フォト賞

​フォト賞